おばた矯正歯科
HOME医院からご挨拶診察のご案内院内写真アクセスマップおばた矯正歯科ブログ
おばた矯正歯科
おばた矯正歯科クリニック Blog
おばた矯正歯科クリニックのブログ

凸凹のとれた後の歯や歯ぐきはどうなりますか?

- 矯正歯科Q&A - 

成人の方では、歯の重なりがほどけると、歯と歯の間の歯ぐきが他の歯ぐきより下がって見えることがあります。これは矯正治療で失われたのではなく、もともとなかった骨や歯ぐきが見えてきたのです。また、かくれていた虫歯が見えてくることもあります。

歯を移動したあと、歯の根の先が少し丸くなることがまれにあります。
過去に打撲などの外傷を受けた歯や、根の先が細い歯は丸くなりがちです。
根の先が丸まっても歯が抜けてしまうわけではありません。
ただし、歯周病など歯が抜けてしまう病気が悪くなると、根の丸まりとは無関係に歯が抜けやすくなります。また、根の丸まりは矯正歯科治療をお受けにならなくても起こり得ます。
矯正治療中、打撲した歯の神経が死んだり虫歯がひどくなった場合は、歯の神経の治療が必要になることがあります。

ページ先頭へ移動